まつ毛に変化が出る前に

まつ毛の変化

「まつ毛が少なくなってきた…」「まつ毛がスカスカで短い!」その状態、ひょっとすると、日頃のまつ毛のお手入れが足りないせいで、マスカラやつけまつ毛の接着剤によるダメージがまつ毛に蓄積されているのかもしれません。

専用のクレンジングを

そもそも、まつ毛は毛ですから、クレンジング剤や美容液も目元専用、まつ毛専用のものを使うべきです。しかし、ほとんどの女性は肌用のクレンジング剤や美容液で顔全体のお手入れをすませているでしょう。それではきちんと汚れが落としきれないうえ、美容液の効果も十分に発揮されません。

長年、顔全体でまとめて適当にお手入れやケアをしていた場合、今まで蓄積されたダメージが年を取ると共に抜け毛や薄毛といった症状として出てくるのです。

アンチエイジングは早めの対応

ある程度の年齢になると、アンチエイジングを意識し始める女性もいますが、まつ毛の場合、頭の毛髪と同じように、実際に抜け毛などの症状が現れ始めてから手当てしていては手遅れです。皮膚と違い、まつ毛が生え変わるまでには長い時間がかかります。

薄くなった、抜け毛が増えたと気づいてからケアしても、まつ毛が次々に抜け落ちて結局スカスカに…なんて悲劇もあり得ます。まつ毛のケアは若いうちから、マスカラやつけまつ毛の接着剤は目元専用のクレンジングできちんと落とす、まつ毛専用美容液を使ってケアをしてあげるのがポイントです。

まつ毛のアンチエイジングは、年齢を重ねて症状が出てからではなく、若い頃からのお手入れにかかっていると言っても過言ではありません。

まつ毛に異変を感じたら

ただし、もしまつ毛が抜け始めてから、長年のダメージに気づいた場合でも希望がない訳ではないです。目元用クレンジングやまつ毛美容液を揃えてケアするのはもちろん、皮膚科や眼科で診てもらい、育毛剤などを処方してもらうという方法もいいでしょう。

まつ毛美容液は市販のものもありますが、抜け毛が年齢によるものなのか、なにか他に原因があるのかを診察してもらった上で、症状に合った治療や処方をしてもらう方が安心できるのではないでしょうか。心配な人は一度病院で相談してみてください。

脱毛への変化 / 18年03月16日