まつ毛の寿命を伸ばす

目薬をさしている女性

年をとると共に、毛髪が薄くなってきたと感じる人は多いでしょう。しかし、同じ毛である「まつ毛」のことを毛髪同様に気にかけている人はどれくらいいるでしょうか?

まつ毛も生え変わる

毛髪には生え変わるサイクルがあります。そのサイクルは年と共に緩やかになっていきますが、それと同じ現象がまつ毛にも起こるのです。なので、これから先も健康的なぱっちりまつ毛を維持したいのであれば、毎日の洗顔の際、こまめに薄毛や抜け毛がないかチェックをすること、そして若いうちから目元専用のクレンジング剤やまつ毛美容液を使って丁寧にケアすることをお勧めします。

先に書きましたが、まつ毛は、毛髪と同じように一定のサイクルで生え変わっていきます。そのサイクルが何かの原因で滞ってしまうと、寿命が尽きたまつ毛が抜けても、新しいまつ毛が生えてこなくなったり、生えるまでに今まで以上に時間がかかったりするようになってしまいます。

デリケートなまつ毛のために

年を重ねると、さらに細胞の入れ替わりに時間がかかるようになるので、まつ毛が乏しい状態も長くなってしまうのです。それを、元の健康的な状態に近づけるためには、日頃のマスカラやつけまつ毛の接着剤などの汚れを丁寧に落としてやること、クレンジング後には美容液などでまつ毛が負ったダメージをケアしてやることが大切です。

そのために必要なのが、デリケートな目元専用のクレンジング剤やまつ毛専用の美容液なのです。

毎日顔全体のお手入れをしているという女性も多いでしょうが、そもそもまつ毛は毛ですから、顔全体と同じ「肌用」のクレンジングでは十分に汚れを落としきれない可能性があります。デリケートな目元、まつ毛専用の美容アイテムを使うのが一番いいでしょう。

いつまでも若々しく

年をとっても自分らしいメイクやオシャレを楽しみたいと思うのであれば、できれば若いうちから目元の丁寧なケアをしてあげるように心がけてください。お手入れを始める時期によって、今後のまつ毛の寿命は変わってきます。

まだ目元専用、まつ毛専用のケア製品を使っていない女性は、すぐにでも替えてみてはいかがでしょうか。

長生きするまつ毛 / 18年03月16日